できれば服用する機会は避けたい…アフターピルの基礎知識

 避妊に失敗してしまったとき、性交渉から72時間以内に服用すると妊娠の確立を下げることができるのが「アフターピル(緊急避妊剤)」です。

 低用量ピル同様、病院で処方してもらうのが従来の入手方法でしたが、様々なケースに対応できるようにとオンライン処方開始に向けて動き出していることは、ニュースなどで報じられている通りです。

 本格的なオンライン処方開始前に、アフターピルの基本的な知識を紹介してきます。

アフターピルは2種類ある

 まず最初に、アフターピルに種類があるのは知っていますか?

  • ヤッペ法
  • ノルレボ錠

 まずは【ヤッペ法】について。

【ヤッペ法】は、性交渉から72時間以内に2錠服用し、そのあと12時間経過後に再び2錠を服用する2回2錠(2錠のうち1錠は吐き気止め)。10,000円以下で手に入れることができるアフターピルです。

 ただし、【ヤッペ法】には頭痛や吐き気(嘔吐)などの副作用が強く出るケースがあります。このとき、アフターピルを服用してから2時間以内に嘔吐してしまうと、アフターピルも一緒に吐き出してしまっている可能性があるため、再び病院へ行く必要があります。嘔吐してしまったら、一度病院へ相談をしてみてください。

 続いて【ノルレボ錠】。こちらは副作用がほぼないアフターピルです。が、しかし価格が10,000円以上が相場となっているため、学生や自由に使えるお金が少ない主婦層などには経済的負担が大きく、手軽に服用することは難しいと感じるアフターピルです。

 【ノルレボ錠】は、正規のもの以外にも日本と海外の両方でジェネリック製品が開発されています。が、ジェネリック製品でも、やはり値段は10,000円以上のため、安価な【ヤッペ法】が選ばれることも少なくありません。性交渉後72時間以内に1錠服用する手軽さはあるものの、高額ということもあり若年層への普及はあまり進んでいないアフターピルです。

 ちなみに「アフターピルは副作用がひどいからやめた方がいい」というネガティブな声が聞こえてくるのは、【ノルレボ錠】は国内承認されたのが2011年と最近のため、【ヤッペ法】の強い副作用を経験している人がほとんどだからです。ジェネリック製品が流通しはじめているとはいえ、まだまだ【ノルレボ錠】よりも【ヤッペ法】のアフターピルを服用する人が多いのが現状といえるでしょう。

個人輸入品はNG。店舗にストックもNG。

 アフターピルは、婦人科で診察を受け処方してもらう薬です。アフターピルを処方してくれる病院について、日本風俗女子サポート協会のあや乃さんもブログで紹介しています。

 緊急避妊ピルを処方してくれる病院を検索する方法/日本FJS協会のブログ

 緊急避妊は「72時間以内」でなければ意味がありません。欲を言えば、72時間のあいだでもより早くアフターピルを服用することで、避妊成功率を高めることができます。かかりつけの婦人科をあらかじめ見つけておくことがベストではありますが、万が一のときのため、あや乃さんのブログを参考にしてみてください。

 そんな中、2019年3月下旬、厚労省はオンライン診療でのアフターピル処方を認める方針を発表し、5月にはオンライン処方へ向け指針改正案を示しています。

オンライン診療でのアフターピル処方を認める方針/医療・介護連携サービスMeLL+

アフターピルのオンライン処方 厚生労働省が指針改正案を提示

 現段階では、「受診可能な医療機関が近隣にない」または「心理的不安で医療機関に行くことが困難(女性の健康や性暴力の相談窓口に関わる医師が判断)」に限り、オンライン処方の対象となり、転売を防ぐため処方は1錠のみで薬剤師の目のまえで飲むという防止策も発表されています。

 現在、SNSなどネット上で「アフターピル譲ります」などと個人輸入などを行い手に入れたアフターピルの転売も公にならない形で行われています。

 個人が許可なく医薬品を販売することは薬機法(旧薬事法)違反にあたります。また、個人輸入の場合、有効成分を含んでいない「偽物」の可能性があり、「未承認医薬品」の譲渡も薬機法違反です。

 「法律違反だからいけない」ということではなく、有効成分が含まれていないということは、望まない妊娠をする危険性があるということです。また、未承認医薬品の場合、副作用が強く出たり不正出血をするなど、女性の身体に大きな負担がかかるケースもあり、「万が一の時のためにネットで安く買って、店舗にストックしておくか……」というのは避けましょう。

避妊に失敗しても大丈夫…ではない

 今後オンライン処方が可能になり、アフターピルをより身近に手に入れることができる環境になります。「避妊に失敗してもアフターピルがあるから大丈夫」という安易な考えは禁物。繰り返しアフターピルを服用することは、心身ともに負担になるということも、基礎知識として覚えていてください。

 そして、低用量ピルと同じく、アフターピルでは性感染症予防はできません。コンドームの着用は忘れないようにと、あらためて周知確認しておくことをおすすめします。

人気セミナー情報

「月刊フーゾク経営アカデミー vol.1~私はコレでデリヘル氷河期を生きヌキました~」トークイベント開催!

シェアする