風俗を卒業するために前向きなサポートしていくこと

 風俗を卒業しても、安定した生活を送るためのコンパニオン向け無料就職サポートをご存知でしょうか?

 コンパニオンとして一生現場で働き続けることは、体力的にも精神的にも難しいことは、店舗運営に関わっていれば想像ができることだと思います。一般企業のサラリーマンも「終身雇用」という考えがなくなり、異業種への転職をする人が増えてきている中で、風俗で働く女性たちも、「いつか風俗を卒業して、違う道に進む日がくる」と考えることは、とても自然なこと。その「違う道に進む日」をサポートを無料で行っている団体が「Lemon-ADE」です。

 コンパニオンのための無料就職サポート「Lemon-ADE」について紹介していきます。

履歴書の書き方からサポートしてくれる

 風俗店において、店舗と女性は直接的な雇用関係はなく、一般企業と異なり「採用枠」を設けていないため、風俗店の面接に履歴書は必要ありません。店舗側も、面接のアポイントを取る際、「履歴書持参」というお願いはしていませんよね。

 そのため、いざ風俗業界以外で働こう!と決意しても、履歴書の書き方がわからず、そこで躓いてしまっているのです。あわせて、風俗店での勤務経験を履歴書に書くことができず、なにを書いたらいいのか、そして面接ではどう答えたらいいのか……という悩みや不安が生まれ、セカンドキャリアをスタートすることをためらってしまう女性は数多くいます。

 そんな女性に対して、カウンセリングを行い、就業先を紹介するなどのサポート活動をしているのがLemon-ADEなのです。

無料就職サポートサイト Lemon-ADE

 具体的には、問合せ後、面談とカウンセリングを行い就業先紹介へという流れで進んでいきます。昼型生活に慣れるための支援プログラムもあるので、生活リズムを改善しながら一般企業への就業を目指すことができます。

 「昼職でやっていけるか不安」という気持ちに対して、ひとつひとつ不安を取り除き、セカンドキャリアスタートに向けて支えてくれます。

 仕事紹介までの流れなどについてはLemon-ADEのブログに詳細があります。

お問合せ~転職までの流れ Lemon-ADEブログ

 こうした活動をしている団体があることを、まずは知ることが必要だと思います。

店舗からも支援できる環境に 

 一生働くことは難しいことを理解した上で、店舗側からコンパニオンさんのセカンドキャリアの支援でなにかできることはないか……。

 日々の営業の中で、セカンドキャリアについて相談に乗ることはできても、具体的に就労先を紹介したりというのはなかなか難しいものです。そんなときに「こんなサポートをしてくれる場所があるよ」とコンパニオンさんに伝えることができれば、コンパニオンさんも安心して働くことができるのではないでしょうか。

 日刊デリヘル経営主催求人セミナーにて講師を務めていただいている4C求人部さんでも、新な取り組みとして、卒業支援サポートを開始しました。

4C求人部の新たな取り組み

 店舗からも支援できる環境が実現すれば、安心して長く働いていたいと考えるきっかけになり、定着率アップにも繋がるのではないでしょうか。

 Lemon-ADEの活動について日刊デリヘル経営では、「店舗側からできるセカンドキャリア支援方法」など含め引き続き取材を続けていく予定です。

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする