「どうして本番しちゃいけないの?」コンパニオンさんへの注意方法

 デリヘルで本番行為は禁止。というのは周知のことだと思います。

 しかし、本番行為禁止の理由を明確に理解していないまま働いているコンパニオンさんもごくごく稀にいます。「どうして本番しちゃけいないの?」という質問に対し、どう答えればいいのか。「本番禁止」を理解してもらう大切さについて考えていきます。

性風俗業界では「本番NG」は基本

 デリヘルに限らず、性風俗業界では「本番行為」は売春防止法に該当するためNGです。

 売春防止法は、個人が行う「単純売春」に対する罰則はなく、売春行為を斡旋したり、場所の提供、勧誘を行うなどの「管理売春」に対してのみ処罰されます。そして、売春をする側(女性)と買春をした側(男性)は処罰の対象にはなりません。つまり、コンパニオンさん個人が本番行為をして料金とは別にお小遣いを受け取っていたとしても、罰せられるのは「店舗」なのです。
 「女の子が勝手に本番しているだけで、自分たちはなにも知らない!」と主張したところで店舗を介し、コンパニオンさんを派遣している段階で「管理売春」の疑いがかけられるため、言い逃れができなくなってしまいます。
 売春防止法違反で摘発されてしまうと、営業ができなくなる期間があり、営業再開後も「あそこは本番店だ」と誤解されたイメージが広がり、女性求人にも悪影響を及ぼします。在籍コンパニオンさんたちにお仕事を付けることも厳しくなり、店舗にとってダメージしかありません。

指導をするのはスタッフの役割

 無理矢理押さえつけられえたり、暴力を振るわれたりして本番行為に至ってしまった場合は別として、「本番しちゃった方が楽」、「お小遣いがもらえるから」という理由から自ら本番行為をしているコンパニオンさんも、もしかしたらいるかもしれません。

 なぜ本番行為が禁止されているのか……その理由をコンパニオンさんに理解してもらうのも、店舗側の大切なお仕事です。
 「デリヘルでは本番は禁止なんだよ」という言葉だけで伝わらないこともあります。禁止の理由を明確に伝えるようにしましょう。
  • 売春防止法違反で摘発されたらお店が営業できなくなることもある
  • お店が営業できなければ、スタッフも他のコンパニオンさんも困る
  • あなたも性感染症にかかるリスクが高まる
  • なによりも、あなた自身であなたの価値を下げている

 本番行為をしてリピートを返したとしても、「今日は生でしようよ」「もっとお小遣いあげるから外で会おうよ」「動画撮らせてよ」というように過激な要求をしてくる危険性もあります。掲示板などで噂になれば「本番行為」だけを目的とした人しかそのコンパニオンさんに会いに来なくなるかもしれません。コンパニオンさんを守ることはもちろん、店舗を守るためにも「本番行為禁止」は共通認識としてスタッフはもちろんコンパニオンさんにも理解してもらいましょう。

 東京オリンピック、大阪万博を前に各都市の条例改正が相次いだり、全国的に取締りが強化されています。SNSや写メ日記などでの「本番行為」を連想させる言動にも注意が必要です。思わぬところで足元を掬われないよう事前に対策をしておくことをおすすめします。

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする