簡単にできるMEO対策・中編 Googleマイビジネスに無店舗型のお店を掲載する方法

今や風俗店の経営に欠かせないMEO対策
今回は実際に登録から公開までの手順を解説します 

引き続きGoogleマップ掲載のための手順を詳しく解説
MEOってなに?という方は前回の記事をお読みください。

①すでにGoogleマップに登録されていないかを確認

 Googleマップを開いて、Googleマップの検索窓にご自身の「店舗名」を入力して検索。

「店舗名」と「スペース」をはさんで「横浜市中区」等の地名を入れて検索するとより見つかりやすくなります。
 検索窓の下に候補一覧が表示されますのでその中に該当する項目をクリック。もしも該当する情報が存在する場合は、Googleマップの地図上の店の位置に赤色のバルーンマークが表示され、画面左部分(モバイルの場合は画面下部の店舗名をクリックすると開きます)に現在のGoogleマイビジネスの登録内容が表示されます。

②登録されている場合

 Googleマップの左側に表示されているGoogleマイビジネスの情報には上か「写真」「店舗名」「現在のクチコミ評価情報」「業種」「住所」「URL」「電話番号」「営業時間」が表示されています。
「営業時間」の下に「ビジネスオーナーですか?」と表示されている店舗は、まだビジネスオーナー確認登録が済まされていないと言う事になります。早速確認登録を行いましょう。

▲「ビジネスオーナーですか?」と表示される場合は、お店の情報自体はGoogleが自動的に、あるいは第三者によって登録されているので、内容の確認・修正とオーナー確認登録をすればOK

「ビジネスオーナーですか?」という文字をクリック。青文字の利用規約をクリックして、別窓で開く利用規約画面を開いて内容を確認して下さい。「ビジネス名」が正確出ない場合は修正して、問題がなければ「次へ」のボタンをクリックします。

この後の流れはこのページの「⑤店舗型(来店型)か無店舗型(出張型)か」以下を参考にしてください。

③まだ登録されていない場合

 Googleのアカウントにログインされている状態で、「Googleマイビジネス」のスタートページを開きます(Googleのアカウントをまだお持ちでない方はこちら)。

▲https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

④画面右上の「ご利用を開始」をクリック

「ビジネス名を入力してください。」と表示されるので、青文字の利用規約をクリックして、別窓で開く利用規約画面を開いて内容を確認後あなたのお店の名前を入力します。入力後「このビジネスを作成します」という表示をクリックして、青文字の利用規約をクリックして、別窓で開く利用規約画面を開いて内容を確認して下さい。⑤店舗型(来店型)か無店舗型(出張型)かを選択

「店舗やオフィスなど、ユーザーが実際に訪れることができる場所を追加しますか?」と表示されるので店舗型(お店にお客様が来店する)は「はい」を、無店舗型は「いいえ」をクリックして、「次へ」のボタンをクリックします。受付型(ホテルヘルス)や受付型と出張型両方利用可能なお店は、「はい」を選ぶとよいでしょう。

⑥地域の設定

 地域(住所)を入力します。店舗型や受付型のお店で先ほど「はい」を選んだ方は、正確な住所を入力します。検索結果に表示されるので正確に入力しましょう。
 無店舗型かの選択で「いいえ」を選んだ方は、「ビジネスのサービス提供地域を入力(省略可)」と表示されるので、「東京都港区」「東京23区」「横浜市」「横浜市中区」など、入力欄に出張可能エリアをひとつ入力します。入力すると、候補が出てくるのでクリックして選択します。ひとつ入力が終わると、追加でまたひとつ入力可能になります(「港区 中央区 千代田区」のように続けて入力すると、認識しないのでご注意を)。

すでに入力したエリアが間違っていたら×印をクリックすると取り消しできます。複数のエリアを設定することにより、「足立区」+「葛飾区」+「八潮市」+「三郷市」のように市区単位で設定可能です。「省略可」とあるように、スキップして後ほど設定することが可能です。

「ビジネス拠点がある地域を入力」と表示されたら、日本を選択して「次へ」のボタンをクリックします。

⑦カテゴリを指定

「ビジネスの説明として最も的確なカテゴリを指定します」と表示されるので、地域の設定と同様に適切な内容を入力して候補から選びます。ただし設定できるカテゴリーはひとつだけです。ここで気を付けたいのは、必ずGoogle側で設定されているものを入力・選択しなければならないことです。
 具体的に例をあげると「デリバリーヘルス」「デリヘル」「メンズエステ」などは、「カテゴリを認識できませんでした。入力時に表示される候補から選択してください」と赤いエラーメッセージが出て受けつけてもらえません。

 使用可能なカテゴリとしては「風俗店」「ファッションヘルス」「ソープランド」「アダルトマッサージ」があります。すでに掲載済みのデリヘルは「風俗店」か「ファッションヘルス」を使用している例が多いようです。

設定ができたら「次へ」のボタンをクリックします。

⑧連絡先の詳細を入力

「ユーザーに表示する連絡先の詳細を入力してください。」と表示されるので、
と表示されるので、「連絡先の電話番号」と「現在のウェブサイトのURL」を入力します。こちらも検索結果に表示されるのでお客様用の連絡先の電話番号と現在のウェブサイトのURLを正確に入力して「次へ」のボタンをクリックします。
「終了してこのビジネスを確認する」と表示されるので、「終了」をクリックします。

⑨ビジネスオーナー確認登録

 ここまでで掲載内容の入力が終了しますが、まだ重要な手続きが残っています。それは「ビジネスオーナー確認登録」です。以下に説明します。

「確認のため、送付先住所を入力してください こちらに入力していただいた住所は公開されません。私書箱は対象外です。」と表示されるので、郵便番号、都道府県、番地を入力します。

⑩確認方法を選択

「電話での確認」と「ハガキを郵送」が選べます。
「電話でのオーナー確認」が表示されている場合は、オーナー確認のリクエスト時に [電話で確認] オプションが表示されます。このオプションが表示されない場合は、この後説明するはがきでの認証になります。

「通話」をクリックするとGoogleのセンターから着信があり、電話を受けると自動音声で「確認コード」が流れるので、これを入力すれば「ビジネスオーナー確認登録」が終了です。

 ハガキを郵送を選んだ場合、先ほど送付先住所で入力した場所に、1~2週間ほどでGoogleから確認コードを記載したハガキが届きます。店名(呼称)とポストの表示が一致していない場合(物件を会社名で契約している場合など)は、「連絡先の名前」に郵便物が届く連絡先を記入しましょう(法人名など)。
 ハガキが届くまではビジネス名、住所、カテゴリの編集または新しいコードのリクエストはしないでください。オーナー確認手続きが遅れる原因となります。

 これで、お店情報の掲載が完了しました。後編では掲載内容を充実させて、同地域の他の風俗店より上位に表示されるためにできる工夫やユーザーの動向を確認する方法を紹介いたします(後編に続く)。

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする