『昼休み、またピンクサロンに走り出していた』イベントに潜入してみた件

11月18日(日)新宿ロフトプラスワンで開かれた風俗イベントに潜入しました。話題の風俗体験レポートブロガー、素人童貞さんの書籍出版を記念して開かれたトークライブ。その名も

『昼休み、またピンクサロンに走り出していた』出版記念トークイベント
めっちゃ前向きな風俗放談。

素人童貞さんといえば、『26歳素人童貞のブログ』
http://shirotodotei.hatenablog.com/)で風俗体験レポートを書き記す有名ブロガー。

まるで文学作品のような体験レポートは、笑いあり、内省ありでなかなかの読み応え。

またIT企業勤務ということでリテラシーも高く、風俗店のHPから女の子紹介の文章をスクレイピングし膨大な文章を解析。(新書3冊分の文章量となったらしい)地雷嬢の紹介文の見分け方などを発見した「痴の巨人」。この論文(?)を元にあの「タモリ倶楽部」にも出演したという華麗な経歴を持ちます。

「店長の紹介文に「清楚」「一生懸命」「得意」があったら地雷率高いらしい」

なんという「明日使える無駄知識」でしょうか?!

知能の高さを愛する風俗のあらゆる側面にフォーカスし研究するかのような生き方(?)に感銘を受けて、取材申請もせずに自腹で、編集部の哲っ太と共に潜入しました。

ライブ会場、新宿ロフトワンには150名近いお客さんで熱気ムンムン。業界関係者も多数お見掛けして注目の高さが伺い知れます。

編集部、哲っ太が手にしているのは、スペシャルドリンク「イソジン・トニック(濃いめ)」。危ない飲物を販売してるなーと心配しましたが、これは素人童貞さんが発明した歴としたカクテル。

『ということで、26歳素人童貞は、黒褐色で、あの独特なヨウ素の臭いが仄かに香るお酒を開発した。ジン・トニックに、とある飲料水を少し加えることで、後味が仄かにイソジンの香りのするイソジン・トニックが出来上がったのだ。』(引用:26歳素人童貞のブログより)

とある飲料が何なのか?はイベントで教えてくれましたが、ここでは内緒。哲っ太いわく「いや、これ本物のイソジン入ってますよ。間違いなく!」と勘違いするほどのイソジン感でした。

さすが風俗界の「痴の巨人」。風俗の体験文学、風俗ビックデータ解析という統計学に続いて「イソジン味のカクテル」まで発明するとは、その素顔はどんな青年なのか?嫌がおうにも期待が高まります。

豪華出演陣と「素人童貞」さんの素顔とは?

今回のトークイベント。素人童貞さんの脇を固める出演者の皆さんも「今の風俗界・エロ界で注目を集める面々が勢揃いです。

かりんと にしやまさん

あの伝説の「手コキカラオケ」で一世を風靡した「かりんと」さんの経営者である、にしやまさん。その後も『フリースタイル手コキダンジョン』などの斬新な企画を世に問う「業界の若きオピニオンリーダー」。編集部zakiもかつてFuuTubeの取材の御願いで数年前に一度お話をさせて頂いたのですが、頭脳明晰な語り口は当時から光っていらっしゃいました。

まりな店長@池袋サイドライン

「風俗界のはぁちゅう」として一躍有名になった、まりな店長。副業女子専門デリヘル池袋サイドラインの経営者であり、「婚活の為に引退します!」と宣言したにも関わらず1年経っても結婚できなかったということで、この度キャストにめでたく復帰なさったとの事。話題になるストーリーに事欠かない、プロデュース力が高い経営者さんです。

『ロボットデリヘル』のオーナー アキさん

あの「ロボットデリヘル」オーナーである、アキさんも登壇。炎上騒動を振り返り「見ず知らずの人間の悪意は、精神的に応えます💦売上?伸びましたw」に思わずカッコいい、と感嘆の声が。イベントのトークでも、鋭く的確な、それでいて遊び心が満載な「業界への意見」が印象に残りました。

今賀はる(手コキ研究者・現役風俗嬢・現役AV女優)

こちらも今、業界の注目を集める麗しの美女「今賀はる」さん。手コキ研究者、現役風俗嬢、現役AV女優とたくさんの顔を持つはるさんは現在、「47都道府県、出稼ぎ完全制覇」の為に奮闘中!「東北のお客さんは、自己主張が極端に少ないけど、帰りのアンケートは厳しい」という体験談に爆笑しました。

泡典子(風俗情報メディア『NAISHO』の編集長)

“女性がつくる女性の為の風俗情報メディア”『NAISHO』の編集長、泡典子さん。マスクでお顔は一部隠されていましたが、隠しきれない美女感!それもそのはず吉原の高級店でソープ嬢としても活躍されていたという経歴。今、勢いのある風俗情報メディアの編集長さんだけに時折するどい視点で業界裏話をされていました。

二村ヒトシ(AV監督)

言わずと知れた巨匠。日本を代表するAV監督。なぜAV界の巨匠が出演?と思っていたところ、「僕らだけだとお客さんを呼べないので、監督にお願いしました」(にしやまさん談)に爆笑。しかし、巨匠が発する「おれ、あんまり褒めたくないんだけどさ~」で始まる素人童貞さんの著作に対する褒め言葉には愛が詰まっていて、素人童貞さんも嬉しそうでした。

豪華メンバーでトークがスタート!したものの・・・

という豪華メンバーでのトークライブ。否が応にも期待が高まります。

しかし・・・

あらかじめトークテーマなどは設定していなかった、ということでユルイ感じで話しが進んでいきます。

でも、それが良い!

日曜の夜に、風俗の話をするんだったら楽しくなくちゃね、ということで豪華メンバーの居酒屋トークを聞きながら飲むイソジントニックはいつもより酔いを誘います。

ところどころに、風俗業界に身を置く私としては勉強になる話があって、そんな時は思わず身を乗り出して聞き入りました。

個人的に一番面白かった話は「風俗業界のこれから」的な話。

にしやまさん「今後の風俗は、コミュニケーション重視とシチュエーション重視にわかれるのでは」
まりな店長「店コンセプトのやさしい気持ちになれる店は、考えないとやっていけない店」「考えるのは大変でそんな女の子が生き残る」
泡編集長「店長さんがいい店がいい店」
ロボデリ あきさん「風俗に、女の子に求めすぎるのはどうなんだろう?雑味があったほうがいい」

みなさん、風俗について一生懸命考えている人たちだから、そこにはたくさんの答えがあって、それは多分全て正解なんだろう、と酔った頭で考えていました。

ちなみに素人童貞先生の素顔は・・・サングラスで隠されていてよくわかりませんでしたが、ちょっとスガシカオっぽくて。それが、ちょっと難しい先生の文体とあいまって、僕の中ではツボでした。

日刊デリヘル経営では、業界の明日を担うみなさんの取材も積極的に行っていきたいと思います!その節はご協力よろしくお願い致します!

イベント終了後、3次会での出来事

人気セミナー情報

「月刊フーゾク経営アカデミー vol.1~私はコレでデリヘル氷河期を生きヌキました~」トークイベント開催!

シェアする