異性間の性行為で「梅毒」に感染した男性の7割が風俗店を利用していた!

 日本の風俗業界ではナマでのプレイというのが当たり前のようになっています。コンドームについてもセックスを行う時に着ければよいと思っている方も多いのではではないでしょうか。しかし性感染症を考える場合、オーラルセックスでも感染する可能性があることに、注意を払う必要があります。

Twitterでも専門家の方が性感染症について注意を呼び掛けています


 指名をとりお金を稼ぐため、風俗嬢に期待されるプレイ内容はますます過激になっています。しかし粘膜同士が直接触れる行為はリスクがあることを理解しておく必要があります。産婦人科医のツイートにある通り梅毒患者が増えている状況があります。『コウノドリ』の梅毒エピソードが無料公開されたことも話題になりましたが、風俗業界にとっても事態は深刻だといえます。

 最近世間を賑わせているこのニュースをご覧ください。

「梅毒」激増の異常事態、高リスク者は定期検査が必要な理由

 急増している「梅毒」。昨年1年間の患者数は、一昨年の届け出患者数を1000人あまり上回る6923人となった(2019年1月7日集計分/国立感染症研究所データ)。未集計分を考慮すると、およそ半世紀ぶりに7000人台に迫る勢いで、もはや異常事態といえる。

 昨年5月公表の岡山市保健所の独自調査(調査期間10~17年)によれば、男性患者は各年齢で増加しているが、17年に限ると40~50代が増加。女性は17年以降、20代の増加が顕著となっている。

 感染経路をみると15年以降、男性患者では異性間の接触が同性間を上回った。また、17年の聞き取り調査からは、異性間の性行為で梅毒に感染した男性の7割が、過去数ヵ月以内に風俗店を利用していることが明らかになっている。

 女性の感染経路は100%異性間接触によるもの。女性患者の25.9%、4人に1人は不特定多数の異性と接触するコマーシャルセックスワーカーであり、一方で特定のパートナーから感染したと考えられる届け出数も増加している。

 梅毒は「偽装の達人」の異名をとる性感染症だ。性器のしこりや潰瘍、リンパ節の腫れ(別に痛くはない)、ピンク色の皮疹など典型的な症状のほか、視力の低下、関節の痛み、頭痛などおよそ性感染症とは結びつかない多彩な症状を示す。初期症状は数週間から数ヵ月もたつと自然に消えるが、感染力だけは旺盛、というやっかいな代物だ。

 おまけに現役医師の多くは梅毒を診た経験が「ない」。最初から梅毒を疑わない限り、見逃し、誤診リスクはかなり高いといえる。

 梅毒の原因菌は感染力が強く、保菌者とコンドームなしでセックスした場合の感染率は15~30%。さらに、妊娠中の女性が保菌者で無治療だった場合、胎盤を介して胎児に感染する確率は6~8割だ。その先には、新生児死亡や早産、先天性梅毒による後遺症というつらい現実が待ち構えている。

 老若男女を問わず、不特定多数とリスクが高いセックスをしているならば、必ず定期的に保健所で梅毒血清反応検査を受けること。自分のセックスに責任を、である。

2019年2月27日 ダイヤモンドオンライン
https://diamond.jp/articles/-/195131?platform=hootsuite

 女性患者の4人に一人がコマーシャルセックスワーカーで、異性間の性行為をした男性患者の7割が過去数ヶ月以内に風俗店を利用していたことを考えると、性風俗業界にとって非常に頭の痛い状況になっていると言えます。性感染症について風俗嬢個人の責任で解決してもらう現状では自体がより深刻になるかもしれません。在籍している女性たちを守るためにも、定期的にクリニックに通ってもらうことを義務付けることや、検査キットの配布をするなどお店全体で防ぐための取り組みについて、検査費用の負担などを含めて真剣に考えていきたいものです。

※無料で受けられる検査もあります。

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikansensho/inspection_consultation/index.html

https://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/kansenshou/aids/soudan.html

https://www.pref.saitama.lg.jp/a0701/kansen/aidskensa.html

人気セミナー情報

「スカウトいらずの求人」セミナー開催!

シェアする