モアグループ江口オーナーのデリヘル経営に関する連投ツイートをまとめてみた

日刊デリヘル経営が所属するモアグループ江口オーナーがツイッターで経営に関するツイートを連投されました。モアグループ以外のお店様にも参考になる部分が多いと感じとりまとめてみました。

【リスク】

自店のHPへのアクセスに関するツイートです。強い外部営業サイトにアクセスを依存する形になり、それがお店にとって「インフラ的なモノ」となった場合、外部サイトの料金改定や突然の不具合などがあったとき、それに生殺与奪の権利を明け渡すことにもなり営業リスクとなります。

そこで、モアグループの中堅規模の地方店舗の直近トラフィックを見てみました。

Default Channel  ユーザー
Organic Search 1014
Direct 659
関連Referral 449
Social 14
(Other) 243
Referral 418
トータル 2797

トータル:2,797ユーザーの内、検索:1,014、ブックマーク:659となり
全体の59.8%となり、江口オーナーの目指す80%には届きません。

しかし、モアグループにはいわゆる「ゲート」サイトや同一グループ店からのアクセスがあります。こちらの関連Referral:449を含めると全体の75.8%となり江口オーナーの目指す形に近づきます。

ゲートサイトを複数持つモアグループ直営店・FC店ならではの数値といえるでしょう。しかし、このお店さんのSocialからの流入は全体の1%に満たない数値です。ここを改善できれば目標値の80%のアクセスを獲得することができるようになるでしょう。

【これから】

これからの業界の動向を予測し『人材以外の経営要素がわりと固定化』してきた中で唯一差別化できるのは「人材」であると喝破しています。

具体的に『店長以外の経営リソースはそのままで、店長が変わっただけで翌月から利益が数倍ってことがザラにあります。』とモアグループの事例を挙げられています。

『会社はこれから相当ホワイト化して、かつ、やりがいを提供できないと生き残れない』とも言及されています。かつての「一攫千金を目指す兵が集うという集団」から、「ホワイト+やりがい」という一般企業でも求められるモノが必要となっていくようです。

セミナー後の懇親会・個別相談会で経営者様とのやり取りの中で最も多く質問を頂くのも「人材の発掘・教育・上級職への抜擢」についてです。Twitter上でこんな質問が寄せられていました。

『小学生の「あゆみ」のような行動評価ポイント制だったり、所属長の査定面談だったりと、グループ内各社さまざま(に模索中)です。各社の社風を尊重して、敢てさまざまな状態にしているってのもあります。』

組織の要諦は「人事」にありとも言われますが、モアグループ各事業会社では、それぞれの社風を活かした独自の人事評定を行っています。

【転換】

最後に「転換」として「人材への投資」「集客」「価値創造」について触れられています。

私たちの業界を取り巻く環境も刻々と動いて変化しているのだと思います。既存の価値観を上手に「転換」し、新しい形を取り入れることで令和の時代に生き残ることが出来るのかもしれません。

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする