需要は加速?高まりを見せる「熟女」・「人妻」市場

 千葉・柏人妻花壇に在籍しているコンパニオンさんが「性に関する統計調査」という写メ日記を更新していました。

 柏人妻花壇 はなさん写メ日記(2019/4/29)

 日本最大級アダルトポータルサイトFANZAが発表した「FANZA REPORT2018」より、2018年の1年間で最も検索されたワードが「熟女」、次いで「巨乳」だったという、ランキング結果を写メ日記にて紹介しています。「人妻」も4位にランクインしており、目に見える数字で、柏人妻花壇のコンセプトに対して支持をする声に触れるということは、コンパニオンさんが安心して働けるモチベーションにもつながります。そして、「熟女」、「人妻」需要の高さを知ることは、店舗経営にも必要な情報なのではないでしょうか。

 そして、写メ日記では紹介をしていなかったのですが、この「熟女」の検索ワード、エリア別人気検索でも、全国各地域で「熟女」が1位! 

 「熟女」、「巨乳」、「痴漢」が各地域のトップ3を埋め尽くしています。が、「人妻」というキーワードも各地域で10位内にランクインしており、地域的ではなく、全国的に「熟女」と「人妻」を求めているというのがわかります。

超高齢化社会には「熟女」需要が高まる?

 気になったので「FANZA REPORT」を読み進めていると、年齢別人気検索ワードの結果も大変興味深いものになっていました。

 

 「熟女」はすべての年齢層で10位以内にランクイン。35歳以上では軒並み「熟女」が1位、「人妻」も3位以内にランクインしています。つまり、年齢層が上がるにつれ「熟女」そして「人妻」需要は高まるということがわかるランキングです。

https://twitter.com/kashiwakadan/status/1122684407037321216

 つまり、これから訪れる超高齢化社会では、「熟女」と「人妻」の魅力を知っている世代がどんどん増えていくということ。柏人妻花壇の店長のツイートでも触れているように、超高齢化社会では「熟女」、「人妻」需要は加速していくでしょう。その中で、どう生き残っていくのか「熟女」・「人妻」系デリヘル経営のカギになってくるのではないでしょうか。

人気セミナー情報

「風俗業界に激震?!消費税10%よりも怖い「インボイス制度」とは?!」セミナー開催!

シェアする