無断に風俗営業の許可交付 巡査長を処分

熊本県警は、風俗営業などの許可証を無断で交付したとして、男性巡査長を懲戒処分とした。

減給6か月の懲戒処分となったのは、警察署に勤務する、20代の男性巡査長。この巡査長は、去年7月ごろから11月ごろまでの間、風俗営業や銃の所持などの許可申請13件について、警察署長の決済を受けずに許可証を作り、無断で交付していた。

去年11月、別の職員が、許可証に必要な書類がないことに気付き、その巡査長に尋ねたところ、偽造を認めたという。

巡査長は「申請数が多く、事務処理が滞るなか、上司に指摘されるのが嫌だった」と話していて、10日付で、有印公文書偽造などの疑いで書類送検された。

引用:RKK熊本放送 8月10日 http://rkk.jp/news/index.php?id=NS003201808101907020111

人気セミナー情報

「風俗業界に激震?!消費税10%よりも怖い「インボイス制度」とは?!」セミナー開催!

シェアする