風俗店に女性を紹介した男2人を逮捕 違法スカウトに注意!

歌舞伎町で女性を風俗店に紹介した男2人逮捕

東京・歌舞伎町でスカウトをした女性を風俗店に紹介したとして男2人が逮捕された。
去年11月、仲間と共謀して当時22歳の女性に風俗店の仕事を紹介した疑いがもたれている。
新宿区歌舞伎町の路上で女性に声をかけ、「夜の仕事で働かない?絶対稼げる」などと勧誘していたという。

2019年6月7日 東洋経済オンライン
https://toyokeizai.net/articles/-/285804

 歌舞伎町の路上で「絶対稼げる」と声をかけ、風俗店に紹介をしていた男性2人が逮捕されました。同様の事件はこれまでにも起きており、今年4月には京都の大学生らで構成するスカウトグループが女性に高額の借金を背負わせ、性風俗店への紹介を繰り返していた事件で、スカウトグループの代表に懲役3年が休憩されたことが記憶に新しいかと思います。

風俗スカウト事件 違法スカウトを利用したお店はどうなるのか?

 違法スカウトは、迷惑防止条例違反にあたり、あわせてスカウトは職業安定法違反(有害業務の紹介)となります。その違法スカウトを利用したことによって店舗スタッフが逮捕される事件についても、日刊デリヘル経営では紹介しています。

 スカウトと共謀した店舗スタッフが職業安定法違反(有害業務への募集)で逮捕!?(前編)

スカウトと共謀した店舗スタッフが職業安定法違反(有害業務への募集)で逮捕!?(後編)

 風俗店での勤務は、不特定多数の異性と「性交類似行為」をするため有害業務と位置づけられており、女性を「勧誘」することそのものがNGとなっています。当たり前のことではなりますが、風俗店で働くことに対しては必ず女性側の「働きたい」という意思が必要になります。

 違法スカウトを利用していないとしても、今回のような事件に知らぬ間に巻き込まれていた……ということがないように、店舗などでも確認しておくと転ばぬ先の杖になるのではないでしょうか。

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする