風俗店に女子大生をあっせんしたスカウトグループ前代表に有罪判決

風俗店に女子学生あっせん、スカウトグループ前代表らに有罪

 女子大生らを性風俗店にあっせんしたとして、職業安定法違反に問われた京都のスカウトグループ前代表の男(30)に対し、京都地裁は25日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役3年)の判決を言い渡した。

 同時に審理されたスカウト役の大学生ら2人も執行猶予付きの有罪判決が言い渡され、事件で起訴された9人全員が有罪となった。

 
 2017年の3月と7月に、京都市内の繁華街で声をかけた女性を系列のバーに連れ込み、高額な飲食代で借金を背負わせたうえで性風俗店に斡旋していた極めて悪質な事件に判決が下りました。
 この事件の悪質さは、性風俗店に斡旋させるため、高額な飲食代で借金を背負わせ、女性の給与から組織の活動資金を得ていたという点です。
 ただ単に性風俗店への斡旋を行っていただけではないため、スカウト役の大学生を含む起訴された全員が有罪判決となりました。
 日刊デリヘル経営でも、スカウトグループ代表に対し懲役3年を求刑したニュースを紹介しています。
 悪質スカウトを知らぬ間に利用していた!なんてことのないようにあわせて確認しておくことをおすすめします。

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする