どのような行為が「白タク」になるのか? 女性従業員を自宅に送迎でドライバー逮捕

京都・祇園の風俗店勤務女性に「白タク」送迎 容疑で男2人逮捕

 京都府警組対2課と中京署は2日、道路運送法違反(白タク行為)の疑いで、京都市左京区新東洞院通二条下ル、運送業の男(38)と南区吉祥院定成町、建設業の男(45)を逮捕した。

 逮捕容疑は共謀し、昨年7~8月、国土交通相の許可を受けず、京都市の祇園、木屋町地区で、風俗店で勤務を終えた女性従業員3人を自家用車に乗せ、自宅まで送り届けるタクシー営業をした疑い。

 府警によると、両容疑者は2011年ごろ、両地区で白タク行為を始め、手配した複数のドライバーに送迎させていた。少なくとも風俗店7店舗から年間約1600万円の報酬を得ていたという。

 通常のタクシーは国から営業許可を得て緑色のナンバーをつけていることはご存知だと思います。一方で個人の場合は白色のナンバーをつけていることから無許可のタクシー業を「白タク」と呼んでいます。

 白ナンバーの車を使って送迎サービスすることでお金をもらうと違法となります。デリヘル店のなかには待ち合わせ場所から最寄りのラブホテルまで「有料」で送迎すると、ホームページ上で堂々と記載しているところがありますが大丈夫でしょうか。多くのデリヘル店舗がドライバーと業務委託契約を結びコンパニオンの送迎などをさせています。

 デリヘルドライバーの場合、例えば風俗店からもらう報酬以外にコンパニオンやお客様から運賃をもらう行為は違法だと言われています。深夜になり交通手段がなくなってしまった場合、自宅までコンパニオンを送ることもあるかもしれませんが、お金をとってはいけません。送迎はデリヘルになくてはならないものですから、どのような行為が違法になるのか把握しておくようにしましょう。

道路運送法
(一般旅客自動車運送事業の許可)
第四条 一般旅客自動車運送事業を経営しようとする者は、国土交通大臣の許可を受けなければならない。
(有償運送)
第七十八条 自家用自動車(事業用自動車以外の自動車をいう。以下同じ。)は、次に掲げる場合を除き、有償で運送の用に供してはならない。
一 災害のため緊急を要するとき。
二 市町村(特別区を含む。以下この号において同じ。)、特定非営利活動促進法(平成十年法律第七号)第二条第二項に規定する特定非営利活動法人その他国土交通省令で定める者が、次条の規定により一の市町村の区域内の住民の運送その他の国土交通省令で定める旅客の運送(以下「自家用有償旅客運送」という。)を行うとき。
三 公共の福祉を確保するためやむを得ない場合において、国土交通大臣の許可を受けて地域又は期間を限定して運送の用に供するとき。

人気セミナー情報

「風俗業界に激震?!消費税10%よりも怖い「インボイス制度」とは?!」セミナー開催!

シェアする