「ながら運転」厳罰化へ…送迎の前に確認を!

ながら運転、反則金を約3倍に 自動運転の違反行為も設定

 スマートフォンなどを使用しながら車を走行させる「ながら運転」を厳罰化した改正道交法が施行されるのに伴い、警察庁は18日、反則金を3倍程度に引き上げる改正道交法施行令案を公表した。違反点数も3倍になる。また一定条件下でドライバーに代わってシステムが運転を担う「レベル3」の自動運転を可能とする同法の規定も施行されるため、自動運転に関する新な違反行為の点数(2点)と反則金(普通車9千円など)を示した。

 運転中にスマートフォンなどを操作しながら運転をする「ながら運転」に対し、反則金を3倍に引き上げる改正道交法施行令案を警視庁が公表しました。

 デリヘルを経営する上で、送迎などがある場合、車の運転は必須。反則金が3倍になるほか、違反点数も3倍になるということなので、ドライバーさんはもちろん、プライベートで車の運転をするコンパニオンさんにも周知しておくと良いでしょう。

 携帯電話使用などにより、交通の危険が生じた場合は、前歴がなくても免許停止となってしまいます。免許停止中に無免許運転をしてしまうと、免許停止の6点に加え無免許運転で25点がプラスされてしまい、2年間免許停止の処罰を受けることになり、その間。ドライバーとして送迎することは不可能になってしまいます。

 限られた人数で日々店舗を運営している中でも、交通ルールを守り、安心で安全な送迎ができるよう労働環境を整えることも意識してみましょう。

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする