アダルト動画配信を一斉摘発!摘発基準は〇〇!?

警察がアダルト動画配信を一斉摘発。基準は性表現よりお金!?

 ネット事業者「FC2」が運営する動画配信サイトを利用していた男女13人以上が6月26日までに、全国で一斉逮捕された。ライブ配信は「公然わいせつ」(刑法174条)にあたり、録画動画配信は「わいせつ物頒布等」(刑法175条)にあたるというのが逮捕容疑だ。逮捕者のなかには、ユーチューバーとして人気の女性も含まれていた。

 ネット事業「FC2」が運営する動画配信サイトの利用者が一斉に逮捕されました。なぜ警察が一気に摘発を行ったのか、「SWASH」代表の要友紀子さんが興味深い分析をしています。

  1. 全国の警察本部にAV出演強要の問題の専門官を配置
  2. 内閣府男女共同参画局の音頭で毎年4月「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」を制定
  3. 厚労省「困難な問題を抱える女性への支援のあり方に関する検討会」で売春防止法改正の論議が浮上
  4. 東京オリンピックを前にした、性に関する活動を取り締まる動きが現れつつある

 加えて、性風俗店が求職者の面接をしただけで、職業安定法で摘発されたという事件もあるという。

「いつでも誰でも、摘発されるときは摘発される。今までできたことがやれなくなってしまうかもしれない……という段階になろうとしています」と語る。

 さまざまな要因が絡み合い、いつでも誰でも摘発されてしまう段階になろうとしているとのこと。では、警察が摘発に踏み込む判断材料は?というと、「金額」と要さんは自身の聞いた話を元に振り返っていました。

 過去に性行為をライブ配信をし現行犯逮捕された事件では3000万円を売り上げたといわれています。視聴者が利用したポイントのうち7割が配信側の利益になるため逮捕者が出ていても、配信が減ることがありません。今回も高額な報酬を得ていた利用者たちが一斉に逮捕されています。表現よりも、受け取っている報酬金額が多ければ多いほど警察の摘発対象になりやすいということです。

 先にも述べた通り、「いつでもだれでも、摘発されるときは摘発される」段階に来ています。金額が少額だから摘発されない……という保証もありません。

 店舗やコンパニオンさんの魅力がリアルに伝わるのは動画です。求人活動においても動画コンテンツを利用する店舗が増えて生きています。FC2に限らず動画配信サイトを利用する際は、規約の違反はもちろん法律に違反する内容になっていないかなど細心の注意が必要です。

人気セミナー情報

「風俗業界に激震?!消費税10%よりも怖い「インボイス制度」とは?!」セミナー開催!

シェアする