LINEに新機能「OpenChat」が登場。風俗店でも活用可能? その際の注意点は?

 8月19日、グループトークを楽しむLINEの新機能「OpenChat(オープンチャット)」が追加されました。
 月間アクティブユーザー数が8,000万人以上といわれるLINEの新機能。デリヘル業界でも集客や求人などのツールに活用可能なのでは?と考え、その特徴を調べてみました。

「友だち」になっていなくても共通の話題で盛り上がれるのが最大の特徴

 従来からLINEには、複数で会話できるサービスとして「LINEグループ」がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

 オープンチャットの大きな特徴は、LINE上で「友だち」になっていない人とも会話が楽しめること。共通の話題について話し合う「トークルーム」にQRコードやURLを使って招待しあったり、アプリ上で好きなキーワードを検索し、関心のあるトークルームを探して参加することが可能です。

 そしてもう一つの大きな特徴は、トークルームごとに違ったプロフィールを設定することができること。普段使っているLINEアカウントが1つあれば、話題毎に違うプロフィールを用意して会話が楽しめることです。

 トークルームに参加できる人数はLINEグループでは500人でしたが、OpenChatでは最大5000人となっています。

風俗・ナイトワーク系のトークルームも登場

オープンチャットの5つの特徴

 それではオープンチャットの特徴を細かく確認してみましょう。

1.トークルームを簡単にシェア可能

 LINEで「友だち」になる際には、スマホに表示させたQRコードを直接読み取ったり、ふるふるを使う方が多いでしょうか。オープンチャットではURLやQRコードを簡単に発行できるので、SNSやブログで手軽に拡散することが可能です。
 これは、お店のtwitterアカウントや、女性の名刺にQRコードを印刷したりと、風俗店でお客様向けにPRする際に役立ちそうです。

2.トークルームごとにプロフィールを変更できる

 LINEでは、名前と画像は、初期設定または設定画面で決めたものを使用します。新機能のトークルームでは、自分で新しいトークルームを作るたび、また、新しいトークルームに参加するたびに、別々のプロフィールを設定できるので、ライフスタイルや趣味の共通点があっても友だちになる程ではない場合などに、「適度な距離感を保ちながらコミュニケーション」が可能となっています。
 また、オープンチャットで変更したプロフィールは、元々登録されるプロフィールには反映されません。
 従来のLINEでしたら、お店がお客様や求人女性とやりとりをするには「友だち」にならなければならず、プライバシーの問題で利用が広がりにくい問題がありました。しかしオープンチャットなら名前と画像を使い分けることにより、匿名性を保ちながらアクセスできるので、気軽にお店のアカウントにアクセスが図れそうです。

3.管理人が設定できる

 トークルームには、管理人を設定することができます。管理人は、迷惑なメンバーを強制退会したり、実装予定のNGワード機能により、トークルームを円滑に運用します。
 メンバーが多くなって大変になったら、権限を他の人に移行したり、共同管理者を100人まで設定することができます。
 この機能を活用して、お店のスタッフで分担してトークルームの運営をすることができそうです。

4.トークルームは3種類

 トークルームには、誰でも参加・招待可能な「オープンタイプ」、管理人が参加を承認すると参加できる「承認タイプ」、予め決まっている参加コードを入手・入力して参加する「参加コードタイプ」の3種類があり、「公開/非公開」を設定することができます。
 この機能を使って、会員限定のトークルームが作れそうです。

5.参加前のトーク履歴を確認できる

 LINEグループでは、グループに参加する以前のトークや画像を見ることはできませんでしたが、オープンチャットでは、トークルームに参加する前の一定期間(テキストは180日分、画像は30日分)さかのぼって確認することができます。
 この機能によって、新しいメンバーが加わったときに、以前の内容をコピー&ペーストする手間が省けます。

残念ながら風俗店の営業活動に利用するのは「グレーゾーン」

 しかし、残念ながら風俗店でLINEアカウントを取得・利用することは、禁止事項に抵触する可能性がありグレーゾーンです。

12. 禁止事項
12.8. 営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(当社の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、他のお客様に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為。

公開日から「出会い募集」の書き込みがあいつぐ

 また、19日のオープンチャット公開直後から「出会い募集」の書き込みがあいつぎ、運営元では強制退会、利用停止など行うとともに、アプリ上で注意喚起を行いました。

 LINEは8月19日、メッセージアプリ「LINE」のグループトーク機能を拡張した「OpenChat」について、交際相手を募集する投稿などの違反行為をした場合、投稿の削除や強制退会、サービスの利用停止などの措置を行うと注意喚起した。同日の提供開始直後から、ネット上ではこうした目的で利用するユーザーがいるとの報告が出ていた。(中略)
 こうした状況に対し、同社は「運営側で24時間内容を確認している。その中で、一部のユーザーが不適切な使い方をしている状況も確認している」とのコメントを出した。利用規約やLINE内部のガイドラインに違反する行為をしたユーザーには、投稿の削除、グループからの強制退会、OpenChatの利用停止、LINEアプリ自体の利用停止といった措置を講じるという。(ITmedia NEWS)

運営から出された注意喚起のお知らせ

 トークルームで個別にチャットしようと呼びかけたり、友達申請はできない仕様になっていること、LINEIDを交換することが禁じられていることもあり、運営側としては「出会い募集」のツールとして使用されることに対して、断固とした姿勢を取っています。

デリヘル業界での活用法は?

「風俗」のキーワードで検索すると、「キャバ嬢・風俗・夜職ぶっちゃけトーク」、「【新宿エリア】風俗情報交換」、「風俗・出稼ぎ店【お悩み相談窓口】」など、35のトークルームが開設されており、参加者が90名を超えるもののもありました。しかし、多くのトークルームの参加者は一桁台で、まだまだ活況とは言えない状況です。

「風俗」で検索すると35のトークルームが存在

 現在のところ、オープンチャット上で風俗店の公式と思われるトークルームは見つかりませんでしたが、今後「〇〇〇〇(店名)ファンのトークルーム」といった形で、実在のお店と関連したトークルームや、「〇〇〇エリアのおすすめのお店」というルーム名でステマを行うといったものが登場するものと予想されます。

 しばらくは、情報収集を中心とした、一般的な掲示板としての利用法が無難なようです。試しに「風俗経営者」というトークルームを利用してみましたが、一般の方の風俗に対する素朴な疑問や、集客のアイデア募集など、活発に情報交換が行われていました。
 オープンチャットは、専用のアカウントを作成するLINE@(こちらも風俗店での利用は原則禁止)とは異なり、トークルームは普段から利用しているアカウントに紐づいているので、ガイドラインに抵触した場合の影響が大きくなってしまいます。利用規約をよくご確認の上、ご利用の際は十分にご注意下さい。

「日刊デリヘル経営非公式トークルーム」を作成しました

 まだ公開されてから数日の「OpenChat」ですが、今後ユーザーに浸透していくと、デリヘル業界としても影響力を持ってくることが予想されます。
 今回「日刊デリヘル経営非公式トークルーム」を作成しました。
「OpenChat」を試してみたい方、デリヘル経営について情報交換したい方は、お気軽にアクセス下さい。

「日刊デリヘル経営非公式トークルーム」

https://line.me/ti/g2/kim43hBsdXeZQ5VEYxES7A

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする