ラグビーW杯開催地の風俗店などを合同査察

ラグビーW杯控え 熊谷で風俗店など合同査察

 今年9月に開幕するラグビーワールドカップに備えて、試合会場の一つである埼玉県熊谷市では警察や消防と連携して風俗店などに対する合同査察を実施しました。

 (中略)

 警察は中国籍の40代の女を入管法違反の疑いで逮捕したほか、風俗店など12店舗に対して、査察を実施したということです。

 9月に開幕するラグビーワールドカップ開催を前に、試合会場の一つである熊谷市で風俗店を対象とした合同査察が行われました。

 日本国内だけでなく、海外からも観戦を目的とした観光客が多く訪れることから警察と消防、市が協力しての今回の査察を実施したということです。

 今回査察が行われた埼玉県・熊谷市だけでなく、東京、札幌、横浜、大阪(東大阪市)、愛知(豊田市)、岩手(釜石市)、福岡、神戸、静岡、大分、熊本と、全国各地で試合が行われます。

 ラグビーワールドカップの開催期間は9月20日(金)~11月2日(土)まで。試合は毎週末に行われる日程になっています。

 野球やサッカーほどではないものの、観光客が増えるイベントです。いつもと違うお客様が来店する可能性があります。そのため、警察や各自治体は事件や事故が起こる前に、こうした査察を行う可能性が高まります。もし、査察が行われても、いじわるをするために行っているわけでないと言うことを理解し、落ち着いて対応しましょう。

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする