条例改正初日に私服警官に客引き…男女2人を逮捕

「マッサージ、気持ちいいよ」私服警官に客引き 迷惑行為防止条例改正初日に、男女2人を現行犯逮捕 岡山

 客引き行為などの規制が強化されました。改正された岡山県迷惑防止条例が1日施行され、岡山市と倉敷市の路上で客引きをした男女が逮捕されました。

 岡山県迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、中国籍で岡山市内のマッサージ嬢の女(44)と、倉敷市内の風俗店従業員の男(54)です。

(中略)

 私服警察官にそれぞれ「マッサージ、気持ちいいよ」「おっパブどうですか」と声を掛けて客引きをしたため現行犯逮捕されました。

 条例改正後の逮捕は初めてで風俗店従業員の男は容疑を認めていますが、マッサージ嬢の女は「悪いこととは知らなかった」と容疑を否認しています。

2019年10月2日 KSB瀬戸内海放送
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00010003-ksbv-l33

 岡山県は、客引き行為などの規制対象をキャバクラや深夜営業のマッサージ店などにも広げる改正条例を1日施行しました。その矢先、私服警官を客引きしたとして2名が現行犯逮捕されています。

 歓楽街の浄化対策は、各地方自治体により内容は異なります。改正のタイミングなども各自治体によって異なるため、営業している地域の情報は常に確認しておくと安心でしょう。

 今回改正された、岡山県の迷惑防止条例では「客引き」だけでなく「盗撮」に関しても規制場所に「学校、事務所、タクシーその他不特定又は多数の人が利用し、又は出入りする場所又は乗物」、服を抜いた状態の場合には「個人宅の浴場や更衣室、住居、ホテルの客室等」が追加されました。

 あわせて罰則も、9月30日までの条例では盗撮を行った者に対して「6ヵ月以下の懲役又は50万円いかの罰金(常習者は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金)」となってましたが、1日の改正を受け、「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金(常習者は2年以下の懲役又は100万円以下の罰金)」と引き上げられており、のぞき見をしたり、盗撮をしようとしてカメラを差し向け設置した者に対しても「6ヵ月以下の懲役又は50万円以下の罰金(常習者は1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」が新たに追加されました。

 このニュースにある「客引き」だけでなく、「盗撮」に対しても厳しい罰則を設ける地方自治体が増えてきています。改めて営業している地域の迷惑防止条例を確認してみてはいかがでしょうか。

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする