今年最大級の台風が接近、上陸の恐れ デリヘルが行う台風対策とは?

猛烈な台風19号 今年最強の勢力で関東・東海直撃か

 大型で猛烈な台風19号は、勢力をあまり落とさずに、暴風域を伴ったまま12日(土)午後から13日(日)にかけて関東や東海に接近、上陸の恐れがあります。

 台風19号は9月、千葉県を中心に首都圏で大きな被害をもたらした台風15号に匹敵、または上回る勢力で、週末にかけ関東や東海に近づく可能性があります。

 自然災害に対する防災体制は、デリヘルにおいても必要なものです。台風15号の被害状況を踏まえ、デリヘルが気を付けておくポイントは「交通、インフラへの影響」です。

 台風15号の被害の多くは、「暴風」によるものでした。送電用の鉄塔や電柱が倒壊したことにより、連絡手段が断たれたり大規模な停電が発生しました。あわせて線路や道路への倒木、駅舎の半壊など交通機関も麻痺しました。

 それにより、出勤できなくなってしまったコンパニオンさんやスタッフ、予約の連絡を受けられない、営業しているホテルが少なく空き部屋が見つからなかったために予約を断ったりと、デリヘル営業にも多かれ少なかれ影響がでました。
 一般的な防災対策と同様、
  • ハザードマップの確認
  • 非常食や飲料水の確保
  • 懐中電灯、ラジオの用意
  • スマートフォン充電用モバイルバッテリーの準備
  • 交通機関が麻痺した場合の出勤方法の確認
 いずれも事前に確認しておくと安心です。

 台風15号では大きな被害が出ました。週末にやってくる台風19号も広い暴風域を伴っているため、広い範囲で暴風被害が出ると予想されます。

 「うちは大丈夫」と考えるのではなく、「万が一でも、いつでも大丈夫」といえる準備をしておくことは、安心して働ける店舗づくりにも繋がります。自分はもちろん、コンパニオンさん、スタッフの安全確保も経営者の大切な仕事の1つです。

東京都「東京防災」~そのほかの災害と対策

東京都「東京防災」全ページ閲覧はこちら

人気セミナー情報

「月刊フーゾク経営アカデミー vol.1~私はコレでデリヘル氷河期を生きヌキました~」トークイベント開催!

シェアする