安田顕、無償の愛とは…北海道胆振東部地震で「風俗店が風呂を無料開放」

 俳優の安田顕(44)が15日、都内で、主演映画「愛しのアイリーン」公開記念舞台あいさつを行った。

 安田は一世一代の恋に破れ、半ば自暴自棄になって18歳のフィリピン女性と結婚する42歳のダメ男を演じた。「愛を見たことがありますか」と聞かれた北海道出身の安田は、「あっ、これは愛だなと思ったのは、(北海道胆振東部地震の影響で)停電がひどかった時に札幌のススキノの風俗店がお風呂を無料開放した時。無償の愛でしょう」と回答した。

 また、室蘭在住の父親が作品を鑑賞したといい、「映画館に足を運んでくれて。こういう(被災した)状況の中、ありがたい。(感想として)『すごい映画でした』という言葉をいただいた。さすが私のオヤジだなと。息子の私も同じことを考えた」と、うれしそうに笑った。

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする