公休日にデリヘル勤務発覚 女性警察官に懲戒処分

女性警官、休みはデリヘル勤務 過去にはトイレに拳銃忘れ

 兵庫県警本部に所属する20代の女性警察官が、公休日などを使って風俗業に従事していたことが18日、捜査関係者への取材で分かった。この女性は9月下旬、警察官として勤務中に実弾入りの拳銃を駅構内のトイレに置き忘れ、県警が発表していた。

 県警は一連の行為を受け18日付けで、女性警察官を停職1ヵ月の懲役処分とした。女性は同日、依願退職した。

 捜査関係者によると、女性警察官は今年5~9月、宿直明けで早く勤務が終わる日や公休を利用し、デリバリーヘルスなどの風俗業に従事。20回程度で計約30万円を得ていたといい、稼いだ金は外食などの遊興費に充てていた。地方公務員法が定める兼業禁止に違反し、同法の信用し失墜行為にも当たるという。

 兵庫県警本部に所属する女性警察官が公休日などを使いデリヘルで勤務し、地方公務員法の兼業違反で処分されました。昨年12月には山口県警でも福岡県内のデリヘルで働いていた女性巡査が懲役処分を受けています。

 ニュースには報じられていませんが、拳銃を置き忘れたことから身辺調査が入り、デリヘル勤務が発覚したのではないでしょうか。身バレ対策を店舗側がぬかりなく行っていても、今回のように本人の行動でデリヘルで働いていることが勤務先にバレてしまうことがあります。

 飲食店のような「週2日4時間以上」という出勤時間の制約もないため、空いた時間に働けることから兼業先としてデリヘルを選ぶ女性はたくさんいます。安心して働き続けられるよう、昼職との兼業で働きたいという場合は、コンパニオンさんに日々の行動を注意するように伝えるなどアドバイスしておくと良いでしょう。

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする