SNSを使い風俗スカウト仲介…SNSと求人の注意点

宮城で女子高生が風俗スカウト仲介、SNS駆使し小遣い稼ぎに

 インターネットの 会員交流サイト(SNS)を使い、風俗業界のスカウトを手伝う犯罪まがいの行為が宮城県内の女子高生の間で行われていたことが分かった。ツイッターの呼び掛けに応じた 同世代の女性から希望する業種や待遇を聞き出し、本職のスカウトにあっせんする手口で、報酬も受け取っていた。

(中略)

 呼び掛けに応じて連絡をした人に対して「どんな職種に就きたいか」「月給はいくら欲しいか」などと質問。希望に沿って、ソープランドやデリバリーヘルス(無店舗型風俗店)といった性風俗業やキャバクラなどの業務案内を説明していた。

 18歳以上であることを示す身分証明書の写真を送るように促したり、高校中退を勧めたりもしていた。

 男性スカウトにつなぐクッション的役割と自らを説明し、SNS上で「夜職したい人は連絡して」と就業者募集をする書き込みをしていた女子高生のニュースです。

 男性スカウトが接触をするよりも、同世代の女性からの呼びかけは友達感覚になり警戒心が薄れる傾向にあり、その利点をこの女子高生に報酬を支払っていた男性スカウトは利用したと考えられます。
 そしてダイレクトメッセージ機能を使ってしまえば、周囲に気付かれることなく勧誘ができてしまいます。今回のケースも女子高生のSNSに残されていたダイレクトメッセージの記録から発覚しました。店舗名を名乗ったアカウントを使う場合、発信内容はもちろんダイレクトメッセージの取り扱いには注意が必要です。個人の裁量に任せるのではなく管理をすることで、不要なトラブルは未然に防ぐことができます。

 各都市の迷惑防止条例における「スカウト」や「客引き行為」はいずれも「対面」で行われていることに対する罰則しか設けらておらず、SNSなどインターネット上での「スカウト」に対してはなりすましなども多いため摘発を含め取締りが難しいのが実情。店舗名を名乗ったSNSの求人アカウントでの発言はもちろん、ダイレクトメッセージのやりとりなど店舗側で管理しておくと安心です。

風俗スカウト事件 違法スカウトを利用したお店はどうなるのか?

スカウトと共謀した店舗スタッフが職業安定法違反(有害業務への募集)で逮捕!?(前編)

スカウトと共謀した店舗スタッフが職業安定法違反(有害業務への募集)で逮捕!?(後編)

手淫・口淫…等「性交類似行為」は職業安定法上の「公衆道徳上有害な業務」

なぜあなたのお店のコンパニオンが引き抜かれるのか?

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする