18歳未満を雇用していたデリヘル経営者を逮捕

デリヘルに中3女子雇い逮捕 容疑の経営者、中高生ら40人雇用

 京都府警少年課と伏見署は27日、児童福祉法違反などの疑いで、兵庫県のデリバリーヘルス経営者の男(46)を逮捕した。

 逮捕容疑は、5月18日、京都市の中学3年生の女子生徒(15)が18歳未満と知りながら従業員として雇用し、大阪市内のホテルで男性客に対し、わいせつな行為をさせた疑い。

 Twitterで「300~400万円を稼げる」などと中高生を含む約40人を雇用していたデリヘル経営者が逮捕されました。

 金銭の受け渡しが発生しなくても18歳未満の相手と性交または性類似行為を行った場合「児童福祉法違反」となり10年以下の懲役、もしくは300万円以下の罰金と極めて重い罰則を受けることになってしまいます。

 デリヘルのサービス内容は「性類似行為」であるため18歳未満が働くことは厳禁です。18歳未満と気付かずに働かせていた場合も同じ罰則を受けることになるので面接の際、年齢確認は徹底して行うようにしましょう。

他人が採用したコンパニオン。あなたは「年齢確認」をおこなっていますか?

10代の少女を働かせた疑い…児童福祉法違反容疑で経営者の男を逮捕

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする