派遣型マッサージ店の女性に暴行…懲役5年の実刑判決へ

俳優の新井浩文被告に懲役5年の実刑判決 東京地裁

 俳優の新井浩文被告がセラピストの女性に性的な暴行をした罪に問われた裁判で、東京地方裁判所は「犯行は卑劣で悪質というしかなく、実刑は免れない」として求刑通り、懲役5年の判決を言い渡しました。

 派遣型マッサージ店の女性セラピストに対し性的な暴行をしたとして【強制性交罪】の罪に問われ、実刑判決を言い渡されたものの即日控訴となり、裁判はまだ少し続く見込みです。

 今回問われている【強制性交罪】は、
十三歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いて性交、肛門性交又は口腔性交(以下「性交等」という)をした者は、強制性交等の罪とし、五年以上の有期懲役に処す。
と、刑法第177条において定められています。【強制性交罪】は性犯罪の中で最も重い犯罪であるものの「暴行又は脅迫」の部分の証明が難しく【強制性交罪】の成立ができないケースもあるということです。

 しかし、今回の判決において裁判長は、被告人と被害者の体格差を踏まえ物理的にも心理的にも被害者の女性が抵抗するのは困難な状況であり「被害者の証言の信用性は高い」とし【強制性交罪】成立に当たるという判断に至ったということです。「暴行又は脅迫」の部分を認定するには、この裁判長のように「被告人と被害者の物理的・心理的関係性」と周辺環境への考察が必要と言われています。

 そのため、警察や弁護士に対し当時の状況について何度も説明を求められることになります。被害者側の心理的負担が非常に大きいため、泣き寝入りや「示談」で終えることが多く、こうして裁判で証言を行うことは勇気が必要なことです。「本番強要」はデリヘルにおいても身近な出来事です。「示談にしましょう」とすぐにお金で解決させるのではなく、コンパニオンさんの意思を確認してからどのような対応をするか決めていくようにしましょう。店舗の対応次第では、コンパニオンさんの心に傷が残りお仕事ができなくなってしまう可能性があります。示談でも被害届を提出するにしろ「ルール違反をした」ということを男性に理解させるのは店舗の役割です。コンパニオンさんが安心して働ける環境づくりのために「ルール違反をする男性」にどんな対応が必要か、スタッフと意見交換をしてみてはいかがでしょうか。

裁判の争点と判決のポイントまとめ

裁判の争点
・被告人が被害女性に対し暴行又は脅迫をして性交に及んだか
・被害女性の合意があったと本当に思っているのか
判決のポイント
・過去に性交したセラピストには現金を渡しておらず、被害女性には現金を渡そうとした行為が「同意を得ていなかった」と被告人本人も理解していると判断できるため
被害女性の証言が客観的な経緯や状況と整合し、虚偽の供述などで被告人を陥れようとしておらず信用性が高いため

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする