“元風俗街”高架下がオシャレなホテルに

高架下に並ぶ建物、実はホテルなんです。この日やって来たのは富山県から来た家族――

夫「思ったより狭いけどまぁ全然」

妻「全然快適」

1棟の広さは約8畳。中にはベッドが4つとシャワー・トイレが完備されています。電車が頭上で走っても――

夫「そんなに気にならんくらいですね、これくらいの音でしたら」

窓やドアは二重ガラスになっていて、さらにコンクリートを厚くして、騒音への配慮もされているということです。

ホテルがあるこのエリアは、以前は“ちょんの間”と呼ばれる違法風俗店が建ち並ぶ場所でした。その後、2005年の一斉摘発により、違法風俗店は町から姿を消しましたが、それと共に人と町の活力も減少したといいます。

人を呼び戻すために横浜市が中心となって町の再編に乗り出し、そのひとつとして高架下の活用が始まりました。

「この町が変わっていくきっかけになるんじゃないかなと。まだまだこの高架下空いているので、色々な使われ方がされるんじゃないかなと思います」(福岡達也さん)

宿泊料金は、ドミトリーが3800円~、1棟貸しは2万円~ということです。

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする