デリヘル経営者になりたい!デリヘル開業までの道のり

 デリヘルを開業したいと考えていても、開業までの具体的な流れがわからない……という方も多いのではないでしょうか。

 e4u株式会社が行っている開業支援プログラムを基に3つのSTEPに分けて紹介していきます。

STEP1:開業への基礎を作る

 開業までの流れの【STEP1】です。ここでは開業までの基礎となる部分を作る作業です。

【個別ガンダンス参加】
まずは無料個別ガイダンスへの参加をおすすめします。これからあなたが経営するデリヘルのコンセプトや運営スタイルなど、イメージを膨らませていきます。実際に動きだす前に、漠然とした不安を打ち消しておきましょう。
【事務所物件を探す&契約】
次は拠点となる事務所探しです。事務所がなければ「電話番号」「届出」「広告出稿」など何もできません。また、良い物件がすぐに見つかるわけではないので、根気よく探していきましょう。
【届出確認書の申請】
事務所が決まり電話番号などが確定したら、所轄の警察署・生活安全課へ「無店舗型性風俗特殊営業」の届出を行います。内容に不備がなければ10日前後で受理され、晴れてデリヘルオーナーです!

 以上が【STEP1】の内容です。開業に向けての知識をつけ、拠点探し、そして無許可営業をしないために「無店舗型性風俗特殊営業」の届出をします。物件探しや届出申請に必要な書類の準備などは、また改めて紹介していきます。

STEP2:店舗のハード面を組み立てる

 【STEP2】では、店舗のハード面を組み立てていきます。

【ホームページ制作】
デリヘルの要となるホームページ制作です。ホームページはお店の顔となるので、妥協は禁物。競合他社との差別化を図ることも大切なので制作前に研究しておくと良いでしょう。
【求人・営業広告掲載開始】
ホームページが完成したら、次は求人・営業広告の掲載を開始しましょう。デリヘルの収入はコンパニオンさんがいなければ0のままです。「高収入アルバイト雑誌」や、「女性向け求人サイト」に求人広告を出し、1人でも多くの女性との面接に繋がるようにしましょう。求人広告と同時に男性客向けに営業広告を出すことも忘れないでくださいね。

 デリヘルを運営する上で肝となる「ホームページ」と「求人・営業広告」を【STEP2】では行います。求人・営業広告は、各媒体の営業担当さんと相談をしながら決めていくと良いでしょう。もちろん、e4u株式会社の開業支援プログラムでもサポートはしっかり行います!

STEP3:店舗に関わる人と関係を作る

 オープンは間もなくです。【STEP3】では店舗のソフト面(人の部分)についてです。

【コンパニオンの面接&採用】
求人広告を見て応募してきた女性の面接を行います。店舗成功のカギは、コンパニオンさんが握っているといっても過言ではありません。来るもの拒まずの姿勢もアリですが、採用基準は明確にしておくようにしましょう。
【写真撮影&プロフィール作成】
在籍コンパニオンさんが決まったら、次は写真撮影とプロフィールを作成していきます。「とりあえず」の写真とプロフィールでは電話は鳴りません。他店がどのような写真でどのようなプロフィールを作成しているか研究してみましょう。

 【STEP3】が終了し、いよいよ店舗オープンとなります。新規開業の場合、個別ガイダンスから店舗オープンまで最短で約2~3ヵ月程度の期間が必要となります。いつオープンしたいかを逆算して動き出すことがおすすめです。

▼プロフィール

鈴木浩鈴木浩 e4u株式会社代表取締役
2003年、モアグループに入社。入社後は、「人妻援護会」「人妻城」の開業支援とホームページ管理に従事。CMSもない時代、200店舗近いお店のホームページ更新に明け暮れる。その後、フランチャイズ店舗の経営支援業務でキャリアを重ねる。 現在は、モアグループの中核企業の一つ、e4u株式会社の代表取締役を務め全国各地でフランチャイズ店舗の開拓と支援を行っている。資料請求・開業経営相談はこちら:http://www.e4u-fc.com/contact/index.html

人気セミナー情報

行政書士は見た!間違いだらけのメンズエステ経営

シェアする